日々のコト
<< September 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
thisipaper magazine 創刊号 入荷しています
 IMG_0560.jpgIMG_0564.jpgIMG_0562.jpgIMG_0571.jpg

エッジーな記事と美しいレイアウトで感度の高い読者の指示を集めてきた
ポーランドのウェブマガジン “Thisispaper Magazine” からついに本物の
雑誌が創刊。
一足先にオープンしたウェブショップに続いての雑誌創刊は、デジタル
からアナログの世界へ進出。
もちろん広告も一切なし。美しいグラフィック、レイアウトで読み応えは
十分です


¥3,360

うづらやの菓子
 img_3039.jpg

klalaでもお馴染みのうづらやさんの本が出版されました。
お店で販売しているものズバリではないですが、うづらやさんのポリシー
同様に、白砂糖、卵、乳製品を使わずに簡単にできるレシピです。
材料もすぐに調達できるものが中心なので、楽しく気軽に作ることができ
ます。

「国産でなくても、たとえオーガニックでなくてもおいしく作ることは
出来ると思います」by うづらや


2月のうづらやさんの入荷は 2/22(金)の予定です
書籍ももう間もなく入荷します

よろしくお願い致します

CEREAL vol.1
 

新しく取り扱いを始めた「食」と「旅」をテーマにしたイギリスの雑誌「CEREAL」
KINFOLKが好きな方にオススメです。


 

KINFOLK MAG vol.5

いつものKINFOLKのイメージビデオ
音楽も映像も心地よい

KINFOLK MAGAZINE vol.4
kinfolk.jpg

KINFOLK MAGAZINE のvol.4が7/2発売となります。
今回から紙質がマットコートに変わりました。
中身の素晴らしさは変わっていません。

今回のコンテンツにもあるSTICK TWIST BREADの作り方を美しい映像と
ともにどうぞ。
 



今日もどこかの食卓で〜イイホシユミコ器の仕事
 iihoshi.jpg

klalaオープン時からお取り扱いをさせて頂いている イイホシユミコさんの
本が発売になりました。
単なる作品集だけじゃなくて、イイホシさんのライフスタイル、好きなもの、
今に至るまでの出来事や考え方。。。
素敵なものにはその裏に様々なストーリーがあると感じさせる一冊
僕ら販売する側にも、作家の想いを伝える重要な使命がある。


KINFOLK MAGAZINE vol.3
 kinfolk1.jpgkinfolk2.jpgkinfolk3.jpgkinfolk4.jpg

KINFOLK MAGAZINE vol.3が発売になりました。
相変わらず素敵な仕上がり
味のある写真と、少し粗い紙の質感が マッチしてとても温かみのある書籍に
仕上がっています
広告も入らずにこのクオリティーを保つのも素晴らしい

次号も楽しみです


北欧、かわいいものみつけた
名称未設定-1.jpg

studio 101の斎藤さんが新しい書籍を出版しました。
タイトルはずばり「北欧、かわいいものみつけた」

まさにそんなタイトルの期待を裏切らない素敵な内容。
巻末にマップも付いています。

いつか北欧にかわいい雑貨探しの旅に出たい〜
そんな夢を見ている方は是非手にとってみてください。

斎藤志乃著

*5月20日〜6月6日まで
IDEE自由が丘店で「北欧、かわいいものみつけた」展を開催します
斎藤さんも期間中何日かいらっしゃるようなので
興味のある方は是非




MAPS
 IMG_4359.jpgIMG_4360.jpg

NYの知り合い Lena Corwinから彼女の新作の書籍のサンプルが届いた。
彼女が描き下ろした世界中の40都市のイラストマップです。
適度なデフォルメで描かれた各都市のアイコンが気持ちよい綺麗な作品。

見開きの片側がマップになっており、もう一方はその都市に関わる人へのQ&A

TOKYOのページは何故か私が答えております...

入荷次第klalaでも販売予定です
小さなお店、はじめました
51ntha+6KYL._SL500_AA300_.jpg 

klalaが掲載されております。
ネットショップをはじめたのが6年前、実店舗を出したのが今年の1月。
お店を出すのって簡単じゃないんだと改めて感じます。
そんな中で、小さいながらも自分のお店を持てた事はとても幸せな事です。

「小さなお店、はじめました」シリーズは、そんなまさにお店を出したくて
くすぶっていた時代に何度も読み直しました。
この本を読んだからって、すぐにお店を出せるハウツーを一から学べる訳
ではないのだけれど、そんな事より、同じような想いで自分のお店をだした
人達の価値観が共有できる。その方が自分にとって意味がありました。
知り合いのお店も何件か紹介されており、きっかけを探していた自分にとって、
後押しになったのも事実です。
そんな本に自分が掲載させてもらえるって、なんだか不思議な気分です。
掲載されている方々に比べると、なんだか場違いな感じもしなくもないですが、
この本を読んだ誰かが、自分の夢に一歩でも近づいてくれたら、それはとても
素晴らしいことで、最高にハッピーなことです。

9月1日 発売